彼氏から念願のプロポーズ!記念にどうしたら結婚できるのか考えてみた

スポンサーリンク

8225a5ec7d56421d6152f7635ed6923a_s

やったーー!!やりましたぞーーー!!!

ついに、ついに、彼氏から念願のプロポーズを受けてしまいました♡(^_-)-☆

ここまで約7年・・・待ち続けて本当に良かった(´;ω;`)

 

一応、このブログの趣旨は「ダイエットして、キレイになって、彼氏にプロポーズしてもらう」というものだったのですが、

キレイになったかどうかはさておき、←オイ

彼氏にプロポーズしてもらえたのでとりあえずの目標は達成です!!!ヤッタネ!!

 

まじで「世の中の夫婦のみなさんはどうやって結婚までこぎつけているのだろう…?」と謎に思えていた時期がすごく長かったので、

まさか自分が結婚できる日がやってくるだなんて想像もつかなかったです。

 

今、とてつもない幸せに包まれている&人生の絶頂期で調子に乗りまくっているので、

この勢いのまま、さらに調子に乗って「どうしたら結婚できるのか」「どうしたら彼氏にプロポーズしてもらえるのか」

自分なりに考えたことを文章にしてアウトプットしてみたいと思います。

 

結婚適齢期だけど彼氏がいなくて焦っている人・長年付き合っている彼氏がなかなかプロポーズしてくれなくて悩んでいる人からしたら

「何自慢話してくれちゃってんの??ヽ(メ`皿´)ノムキー」かもしれないけど、7年(正確には結婚を意識し始めた4年ほど)もの間私も同じ苦しみを味わってきたので許してちょーだい。お願いしますm(_ _)m

 

彼氏にプロポーズをしてもらうためのワザ3選

行動パターンを変えて彼氏にほどよい刺激を与える

長期間付き合っていると、一緒にいるのが当たり前になり、もはや空気のような存在になってしまいます。

何のトラブルもなく、平凡に過ぎていく安定しきった関係。それは居心地はいいかもしれないけど、彼氏を結婚に踏み切らせるためにはちょっとした刺激や変化が必要だと思うんです。

きっかけがないと、「今のままでいいや~~」って思っちゃっても無理はないよね。

 

特に私は彼氏のことが大好きなので、それを前面に出しすぎて安心させ過ぎていました^^; きっと彼氏は「こいつは何があっても俺から離れない」と思っていたことでしょう。

なので、好きな気持ちを前面に押し出すのはやめて、ふたりで過ごす時間を不自然にならない程度に減らすよう意識しました。

たとえば週末に友達との予定を入れたり、ひとりで映画やマッサージに行ってみたり。

メールも用事があるときだけ入れるようにして、毎日連絡を取るのを避けました。もちろん、彼氏から連絡がきたときは普通に返しますよ?ただ、自分からメールを送る頻度を思い切って減らしてみたんです。

そしたらね。「ちょっと何か今までと違うぞ」と感じ出したのか、自分から連絡をくれるようになったり、「今日は何してたの?」と私の行動に興味を示すようになりました(笑)

 

ポイントは、あくまでも「自然な」方法で今までよりちょっとだけ距離を取ることですね。彼氏の知らない一面があるということを匂わせるんです。ミステリアス。

ただし、嘘でも浮気を匂わせたり、別れそうな雰囲気をかもし出すのは、関係が険悪になる可能性が高いのでやめたほうがいいと私は思います。

 

外堀から埋めていく

男の人というのは、「結婚」に多大な責任感とプレッシャーを感じるものらしいです。

なので彼女の側から結婚を迫るようなことをすると、ガチ過ぎて怖く感じるみたいです。

その証拠に、以前「そろそろ、一緒になりたいな~~^^」というようなことを言った瞬間、目に見えて表情がこわばり、様子が落ち着かなくなり、話をそらされました(笑)

それどころか、「結婚のことを考えると、憂鬱でイヤな気持ちになる」とさえ言われてしまいました(笑)

 

そこで手段を変えて、まずは彼氏のご両親と仲良くなり、外堀を埋める作戦に。これが思ったよりもうまくいったんです。

遊びに行ったときは必ず美味しい手土産を持参し、明るく元気に振舞い、ご両親のお話を笑顔で聞き・・・

 

すると、お母さんは

「tsukiちゃんがお嫁にきてくれたら嬉しいわ」

お父さんは

「お前たちはいつ結婚するのか?」

おばあちゃんは

「またすぐに遊びにきてね」

という感じで、私を歓迎してくれるどころか結婚を後押ししてくれるようになりました。

 

彼女である私から結婚をせまられるより、自分の家族からおすすめされた方が彼氏としては前向きに考えやすかったみたいです。

「親がそういうなら」という思いもどこかにあるようでした。

 

彼氏のご家族を味方につけるというのがハードル高いようであれば、彼氏の仲のいい友達でもいいと思います。彼氏が信頼している人であるほど良いです。

信頼している人から「お前の彼女はいいぞ~結婚しないともったいないぞ~」と言われれば、「そうかもしれない!」と思っちゃうのが人のサガ。the・口コミの力。

 

結婚することのメリットや楽しさをイメージできるようにする

彼氏にプロポーズを決心させるには、これが一番大切かもしれません。

結婚を渋っている男性って、少なからず結婚に対してマイナスイメージを持っているように感じます。

 

「少ないお小遣いで自分の欲しいものが満足に買えなくなるんじゃないか」とか。

「友達と飲みに行くにも、帰りが遅いとか怒られるんじゃないか」とか。

「ATM扱いされて、一生ひとりで働き続けて辛い思いをしなきゃいけないんじゃないか」とか。

 

だから反対に、「結婚するとこんな良いことがあるよ!」ということをそれとなくアピールします(笑)

 

「一緒に住んで、共働きだったらお金もたまりやすくなるし、海外旅行も行けちゃうね!」とか。

「もし将来子どもができたら、○○くん(←彼氏と仲が良い既婚者の友達)とこのご家族とBBQとかしたら楽しそうじゃない!?」とか。

「結婚しても、お互い友達は大事にしたいよね。私もたまには遊びに行きたいと思うけど、○○くんはどう?」とか。

「私料理得意だから、結婚したら毎晩温かいご飯を作ってあげたいなー」とか。

 

誰だって、自分にメリットがあることは前向きに考えますよね?

何をアピールしたら彼氏に刺さりそうか、彼氏の性格を踏まえたうえで「結婚のメリット」を提示してあげましょう。これは効きます。

 

自分自身でも本当にその彼氏と結婚して良いのか、よく考えてみて

私自身の体験から、彼氏にプロポーズをさせるためのワザを書いてきましたが、その前にもう一度見直して欲しいことがあります。

それは「自分は本当にその彼氏と結婚して良いのか」ということです。

 

「結婚したい!」という気持ちばかりが先走って、ダメ男や相性が合わない男と結婚してしまったら、「こんなことなら独身のほうがよかった~~」と後悔することになるかもしれません。

そうならないためにも、彼氏とのリアルな結婚生活を想像してみて、まずは自分の覚悟を決めてから彼氏にアプローチするようにしましょうね。

 

それでは、今後は結婚式までの自分磨きの過程などアップしていきますので引き続きよろしくお願いします!

 

tsuki

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ